« SHELL | メイン | サブルーチン,プロシジャー,関数 »

手続き型プログラミング言語とオブジェクト指向言語

C, Pascal,FORTRAN, COBOLなどは手続き型プログラミング言語とよばれる。
一方、C++,Java,Object Pascalなどクラスをもちオブジェクト指向に対応した言語はオブジェクト指向言語とよばれる。
PHPなどは、当初はクラス非対応であったが、PHP4の終わりからサポートされPHP5で完全に対応した。

Javaは、すべてクラスとしたことで非常にわかりやすいが、ネイティブデータ型も残した。
さらに、Rubyは全部オブジェクトとなり完全なるオブジェクト指向言語。

あとから出てくる言語は、すでにある言語の良いところを受けついで、
問題点を解決していくので、
今後も、新しい言語はでてくるでしょう。

違った視点からだと、コンパイルするのかインタプリタなのか。
スクリプトはインタプリタ。
コンパイルといっても、ネイティブな実行ファイルを生成する場合と、
中間コードを生成するだけにとどめるVBやJavaなどもあります。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://iplusone.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/4864

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2008年02月10日 08:39に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「SHELL」です。

次の投稿は「サブルーチン,プロシジャー,関数」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.34